ABOUT


ISU-PAPYRUS(イス・パピルス)はISU-WORKSに続く、木工家高橋三太郎と、機械力・職人力を持つ株式会社山上木工の2つ目のプロジェクトです。より多くの生活のシーンの中で使っていただけるように、4種類の高さ(SH)を設定し、4本のジョイントボルトでの簡単なノックダウン構造とし、ハンディな箱に入るようにデザインしました。インターネットによるグローバルな情報社会の中で、モノがどのように伝わるのか、人のスタンダードな暮らしの道具とは何なのかということを思いめぐらせながら、デザインしました。

Following ISU-WORKS, ISU-PAPYRUS is the second collaboration between woodworker Santaro Takahashi and Yamagami Mokko Co., and combines a beauty of design with skilled craft and technical expertise. Created to play a wide role in your daily life, this new chair features four different height settings and a knockdown construction thanks to four joint bolts. It also comes packed in a handy compact box. ISU-PAPYRUS arose out of our thoughts about how things circulate today in our internet-driven global society, and about the everyday tools we truly need.

Product

http://www.yamagamimokko.co.jp/


1950年
山上松吉(創業者)により室内建具製作工業として立ち上げ
1981年
山上裕靖(現 代表取締役社長)により有限会社山上木工アルミ工業を登記
1984年
北海道津別町高台に新工場を設立
1986年
NC工作機械1号機を導入し、特殊加工とOEM家具製作を開始
1997年
北海道津別町達美に工場を移設し、同時5軸NC工作機械を導入
2014年
会社名を株式会社山上木工へ登記

Design

木工家、高橋三太郎http://www.santaroworks.net/

1949年
名古屋に生まれる
1968年
北海道大学に入学(中退)
1971~74
ヨーロッパ、イスラエル、アメリカ、メキシコ放浪
1982年
札幌にて家具工房 santaro 設立
1987年
六本木AXISギャラリーにて「santaro-works展」
1988年
北海道クラフトグランプリ グランプリ受賞
1997年
銀座松屋デザインギャラリーにて
「santaro.15YEARS 15CHAIRS」
2000年
ストックホルムにてグループ展開催
「第2回暮らしの中の木の椅子展」優秀賞受賞
2003年
東京国立近代美術館工芸館「現代の木工家具9人展」出品
2005年~
名古屋・丸善ギャラリー・CHAIRS展(以降、毎年)
2014年
東京にて個展「高橋 三太郎 展」カタチの種 デザインのタネ